不動産買取をするのであれば業者の比較をしてから決めよう

婦人

月に1回は換気や掃除

内観

時間と手間がかかる

人が住んでいない家は犯罪被害にあいやすくなります。ゴミ捨て場になったり、窓ガラスを割られて不法侵入されるばかりではなく、窃盗被害にあったり火をつけられることもあります。外部から見て空き家だとわからないように常に外観をきれいに管理しておく必要があります。草刈や清掃をするのはもちろんの事、郵便受けにチラシが溜まっているのを定期的にとりのぞかなくてはいけません。また月に1回は家の中の空気を入れ替えたり、通水した方が良いでしょう。湿気が溜まると家の傷みが早くなります。自分で空き家管理する時には家に到着したらまず外観をチェックします。ゴミなどが捨てられていないかや外壁や屋根に異常がないか調べます。毎回写真を撮っておくと、ひび割れや破損の進行がよくわかります。門や家の鍵を開ける時には必ず施錠してあるか確認します。室内に入ったら窓を開けて換気を行い、家具が置いてある場合には引き出しや戸も開けて空気を入れ替えます。ホコリが溜まっているので掃除を行い、同時に天井や建具などに異常がないか確認します。通水も1分程度行った方が良いでしょう。庭に雑草が生えていたり、木の枝が折れていた場合にはそれも取り除いておきます。空き家管理は時間も手間もかかります。頻繁に通うことができない場合には、そういったサービスを行っている業者を利用すると良いでしょう。家の持ち主の代わりに清掃や家に異常がないか確認してもらうことができます。また自然災害があった時も空き家管理業者が見回りをしてくれるので、被害にあっている場合にはすぐにわかります。