水着の人

きれいな肌を作るために

水着の人

数多くの治療方法がある

美容皮膚科で行っているシミ取り治療に関してですが、レーザーを使用してシミ取り治療を進めていくことを頭に浮かべる方もいるかもしれません。ですが、レーザーを使う他のやり方も存在します。まずレーザー治療ですが、レーザーを皮膚に当てていくことで、皮膚にミクロン単位のコンパクトな穴を開けていき、その穴から古い角質を表へ出して、新たな皮膚へと仕上げていく方法になります。そして、レーザーを照射することにより、シミの原因となっているメラニン色素を壊していくマシンもあります。つぎに光治療に関してですが、レーザーよりも弱めの光をゲルが塗布された皮膚に当てていき、コラーゲンを生み出す作用を促進することで何回かに分けてシミ取りしていく方法となっています。光治療をする場合、肌へのダメージがほとんどないというのが良い部分として挙げられます。それと、光治療にあわせて高周波を照射していき、毛穴ケアや皮膚のたるみケアが可能なマシンも存在します。その際、低出力かつ皮膚へかかる負担がほとんどないにも関わらず、高い効果が持てるというのも良い部分です。では、器具を使わない代わりに薬を使う治療には何があるかというと、外科塗布薬を使う方法があります。シミが生じている皮膚にじかに塗布することで、時間をかけて目立たなくしながらシミ取りするという流れになります。使われる薬剤のうちハイドロキノンというのは、漂白効果を備えた薬で皮膚をきれいにしていきます。ビタミンAの誘導体のトレチノインに関しては、シミが生じている皮膚のターンオーバーを促し、その作用によりメラニン色素を皮膚の表に出してきれいな皮膚へと仕上げます。それ以外の方法ですと、内服薬を使って治療する方法があります。シミを生み出すメラニン色素の生成をくい止めるトランサミンや、メラニン色素が皮膚に沈みシミとなるのをくい止めるビタミンC誘導体などが使用されます。また、ビタミンCと一緒にすることでシミをなくす効果がアップするビタミンEや、相乗効果がありメラニン色素の還元に強いとされるL-システインといったものが使われます。