シミをなくしていくために

医者

レーザー治療を受ける

シミにはたくさんの種類が存在します。化粧品を使用してみたはいいもののほとんど変わりはなかったり、シミをどうにかなくしたいと考えていたりする方はクリニックへ足を運び、レーザー治療を受けるのを覚悟してシミ取りしてみるのがよいでしょう。シミ取りをやっていく場合医療でやるレーザー治療においては、最初にカウンセリングを受けてから現在どのような症状になっているのかをチェックするところからスタートします。カウンセリングを通して施術することが決定すれば、シミ取りしたい部分に麻酔クリームを塗ってレーザーを当てていきます。その際、黒いところのメラニン色素に反応を示し、シミの細胞を壊していきます。レーザーを当てている最中、特徴としてはまるで輪ゴムをパチンとやられたような感覚を受けることでしょう。直径がおよそ1センチのシミ取りをしていくのには10秒から30秒くらいかかり、顔のすべてをやっていく場合には5分から10分程度かかるのが通常となります。レーザーを当てられた部分は軽い火傷を覆っている状態に近くなり、のちにかさぶたになります。その後、処方された軟膏・絆創膏などでシミ取りの部分を包んでいきます。かさぶたが取れてからはピンク色の皮膚を目にすることになり、時間が経てば経つほど患部付近の皮膚と馴染んでいき、元通りの皮膚の色になります。かさぶたに関しては一週間もすれば取れてなくなりますが、3ヶ月近くは意識を働かせながらその後の様子を見ていきましょう。場合によっては皮膚に刺激のある熱エネルギーを当てたことで、ある一定の時期にメラニンをいつも以上に作り出し、シミがレーザーを当てる前よりも濃くなるといった特徴が現れます。しかし、6ヶ月も過ぎればそのシミもそこまで目立たなくなります。イボが膨らんだシミやコンパクトなシミであれば、約1回のレーザー治療を行えばなくなりますが、濃いシミや真皮にまで到達したシミであると、何回か治療をやっていかなければなりません。あとは、一回で数多くのレーザー照射をやっていけますが、レーザーを当てたあとにテープを貼ったり薬を塗布したりするなど、シミ取りしていった後のケアに手間が生じるので、何回かに分けて治療を受けていくことが一番です。

鏡を見る人

理想の顔を手に入れる

顔のシミが気になる場合、美容外科へ行ってレーザー治療でシミ取りする方もいるでしょう。レーザーというのは、軽く皮膚に火傷をさせているのと同じなので、術後は化粧を薄くしたり紫外線予防効果のあるものを使ったりするなど意識することが大事です。

婦人

満足いく治療をするために

シミ取りをしたいのであれば美容皮膚科で治療はできますが、大手の美容皮膚科を利用する方法と個人医院を利用する方法があります。その際、どちらが良いのかに関しては、料金・設備のことを考慮した上では大手を選んでいく方が良い部分があります。

水着の人

きれいな肌を作るために

美容皮膚科で行うシミ取り治療には、レーザー治療だけでなく他の治療方法もあります。マシンを使う治療方法としてはレーザー治療や光治療があり、マシンを使わずに行う治療方法としては、外用塗布薬を使っての治療方法があります。

カウンセリング

安心してシミを取るために

シミにはいくつかのタイプがあり、その種類によって治療方法もがまったく変わってきます。様々な医院がある中シミ取り治療を受けるのが初めての方であれば、まずは信頼できる医師を見つけ、その方の治療を受けていくのが一番です。

看護師

常に美しくあるために

顔にできたシミを取る場合、レーザー治療によりシミ取りしていく方法があります。このレーザー治療というのは一種類だけでなく、YAGレーザーやQスイッチルビーレーザーによる治療があり、それぞれ費用も変わってきます。